このページの上へ

SPEEDWAGON inc.

株式会社スピードワゴン

おもてなしの心でインバウンド集客を

インターネットの普及により、食、芸能、技術などの日本カルチャーは、いまや世界のあらゆるところに知れ渡っています。アニメやファッションに注目している方や、日本の伝統文化や街並みを見たいという方が持っている日本のイメージに、「安全・親切」といったものがあるようです。日本人が当たり前と思っている行動も、海外の方にとっては親切・丁寧と感じられることもあり、喜んでいただけているようです。
こうした日本人の良さを活かし、インバウンド(外国人旅行者)の集客に役立てましょう。

おもてなしとは

「目配り・気配り・心配り」をもとに、お客様に対し心のこもった対応を行うことを言います。
おもてなしの心とは、お客様がどうしたら快適に過ごせるか、どんな対応をしたら喜ばれるかなどを予測し行動するためのものです。「おもてなし」という言葉は、国際オリンピック総会のスピーチの際に使われ、世界に広まりました。

予約の際からおもてなしの心を

おもてなしの心を込めた対応は、宿へ訪れたときから始めるものではありません。
インバウンドのお客様がHPなどを見て、施設やプラン、サービスが受けられるのかを知ることができるというのも、インバウンドのお客様のことを考えたおもてなしになります。予約もスムーズに行えるようにし、事前決済ができるようにすれば、インバウンドのお客様にとって嬉しい心遣いとなるでしょう。

リピーターを作る

インバウンドのお客様におもてなしの心を持って対応すれば、きっと日本の接客に満足してくれるはずです。
その接客を受けにまた来たいと思ってもらえれば、何度も利用してくれるようになるでしょう。

 

クチコミで広まる

Booking.comやExpediaなど、インターネットサイトで宿の予約をすることが多い現代、利用客がしている宿の評価も集客に大きく影響します。

インバウンド集客をお考えでしたら、顧客管理システムを充実させたり、海外進出に詳しいコンサルが開いているセミナーに参加し、独自のおもてなしの質を上げることがおすすめです。