このページの上へ

SPEEDWAGON inc.

株式会社スピードワゴン

海外向けシステム導入のポイント

グローバル化が進む現代では、様々な分野で海外向けシステムの導入が求められています。
ホテルや旅館も例外ではありません。そこでこちらでは、インバウンド(外国旅行者)の宿泊予約を増やすためのポイントをご紹介します。

外国人旅行者の流れを知ること

海外向けの宿泊予約システムを導入するにあたり、まずはユーザーがサイトを閲覧している導線を把握しておく必要があります。最近では、世界各国の宿泊予約が可能なWEBサイト「Booking.com(ブッキングドットコム)」「Expedia(エクスペディア)」などで、旅行先の宿泊施設を探すユーザーが増えてきています。

そこで得た情報によりサイトへアクセスしている場合もありますので、指名検索といっても必ずしもリピーターであるとは言い切れません。国内で宿泊施設を探す方法とは異なる場合も多いので、ユーザーがサイトに辿り着く経路を想定した上で、どのようなシステムの導入が良いのかご検討ください。

求められている情報を提示する

宿泊予約システムを導入する際にはターゲット層を明確にする必要があるのですが、そのターゲット層に求められている情報を掲載することも重要です。例えば、初めて日本へ旅行するユーザーをターゲットにするのでしたら、「ホテル近隣の観光スポット」「和食が味わえるレストラン」「日本の伝統文化である和室や浴衣の有無」などの情報が求められます。

もちろん、ホテルの部屋や設備、料理、アクセスなどの情報やアピールポイントを伝えることも重要ですが、「ユーザーが求めている情報なのか?」をまず考えるようにしましょう。

インバウンドに優しいホームページを心がける

多くの宿泊施設の中から選んでもらうためには、世界共通語の英語はもちろん、その他の国の言語にも対応できるホームページ制作が大切です。国によって宿泊予約の流れや価値観は異なりますので、予約がスムーズに取れなかったりトラブルが発生したりするおそれもあります。

その対策のためにも、分かりやすい言語で丁寧に宿泊予約の流れを明記する必要があります。
また、定期的なメルマガ配信、会員だけの特別割引や特典などを用意しておくのもインバウンドのリピーターを増やす方法の一つです。